夏至の食べ物

ご訪問ありがとうございます。

 

札幌大通りで気軽にアロマオイルマッサージや足ツボ、手ツボなどお客様のお疲れに合わせた施術が受けられる男性もOKな個室のリラクゼーションサロン ボヌールジョリの小川原です。

 

 

今年の夏至は 6月21日 明日ですね♪

 

 

 

そういえば 冬の冬至では ゆずを浮かべたお風呂に入ったり、かぼちゃを食べるなどの風習がありますが

夏至って 何かあったでしょうか?

 

うなぎは 土用の丑の日ですし・・・ということで ちょっと調べてみました~^^

 

 

 

どうしてそもそも夏至は冬至と違って 風習的なものがあまり有名でないのか?

それは お米の田植えに関係があったようです!

 

現在は4月~5月に田植えが行われる事が多いようですが 昭和の30年代頃まで 夏至のある6月中旬~下旬にかけてが田植えの時期

 

昔は この季節は子供でも「田植え休み」といった 学校が田植えでお休みになるくらい忙しかったので ゆっくり夏至にお祭りをしたり 何かをして楽しむことが出来なかった為 知名度が低くなってしまったようです。

 

 

だからといって 夏至に食べると良い食べ物や風習が全くないわけではないようです(o^-‘)b

 

●京都の夏至

 

京都の夏至は 和菓子!!

「水無月」といった ういろうのようもの上に小豆の乗った和菓子です。

image

わぁ~  美味しそう~(≧▽≦)

 

昔 むかし 平安時代 現在の6月30日辺り 宮中では「氷室の節句」といった儀式が行われていました。

貯蔵していた氷を取り寄せて 臣下に配り 食べさせていたようです。

この氷を口にすると夏の流行り病にかからなくなるといわれてたようです。

 

だたこの時代の氷はとっても高価な品物 庶民のくちには入らなかった為 氷を意味した三角形と 魔除けの意味を持つ水無月が食べられたのです。

 

● 関西地方

関西地方の主に大阪では 夏至の日にタコが食べられているみたいです。

 

なぜタコなのかといいますと タコの8本の足のように 稲が八方に根をはるようにと方策を祈った事が由来なんだそうです。

 

●関東地方

関東地方では 小麦餅が食べられているようです。

小麦餅とは 小麦ともち米を同量を混ぜ合わせてついたお餅 のことをいいます。

 

奈良と関東で食べられていて 関東では焼いて食べるのに対し奈良ではついた小麦餅にきな粉や砂糖をまぶして食べたようですよ^^

 

昔は稲だけでなく 小麦も同じ畑で栽培する二毛作の農家が多く この夏至の頃に新小麦が収穫されていたため 取れたての小麦を使って豊作祈願の為に神様にお供えしたり みんなで食べていたんだそうですよ(^^♪

 

●香川県

 

うどんで有名な香川県が 夏至の日にうどんを食べる風習があるそうで やはりこの季節に採れた小麦を使って打ったうどんを 農作業を手伝ってくれた方などに振舞っていたそうです♪

 

●福井県

 

福井県の大野市では 田植えの終わる頃に 越前の焼きサバというものを食べていたようです。

 

昔 大野のお殿様が飲まず食わずで働いている農民達に 田植えを乗り切る為に栄養のあるサバを食べる事を勧めたことで この風習が生まれたそうです。

 

 

残念なことに 東北、北海道には夏至の日に食べようといった食べ物がないそうです~

 

 

水無月も小麦餅もうどんもタコも焼きサバもどれも美味しそうですよねぇ~

明日は お弁当に焼きサバ入れて 夜にうどんを食べようかな(≧▽≦)

 

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

ボヌールジョリへのご予約、お問い合わせは 011-522-9473

 

 

インターネットでのご予約はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)